デュタステリドの効果、副作用



・デュタステリドの特徴
デュタステリドには1型と2型の5α還元酵素を阻害する医療用医薬品です。2009年には前立腺肥大症の処方薬として用いられていましたが、2015年にAGA治療薬としてザガーロが厚生労働省に認可されました。これまではフィナステリドを配合したプロペシアだけでしたが、ザガーロも選択肢に加わりました。2016年6月かは皮膚科や内科でも処方されるようになりました。

男性型脱毛症はヘアサイクルの短縮を引き起こします。男性ホルモンがDHTに変換されることで、2年から5年程度あったヘアサイクルが、数ヶ月から1年程度に短縮されてしまいます。デュタステリドは5α還元酵素を強力に阻害し、DHTの発生を大幅に抑えます。

・デュタステリドを配合したザガーロの効果



ザガーロは1型と2型の5αリダクターゼを阻害。プロペシアは2型5α還元酵素のみを阻害します。ザガーロを6ヶ月継続して服用することで、頭皮のDHT濃度は大幅に低下し、ヘアサイクルの改善をサポートします。

6ヶ月継続することで、プロペシアと比較しても、毛髪の増加数や毛髪の太さの変化量ではザガーロが上回っています。これは2型だけでなく、1型の5αリダクターゼを阻害することによる効果だといえます。薄毛の改善率を比べても、ザガーロはプロペシアを上回っています。プロペシアであまり効果が出なかった人でも、ザガーロを試す価値はあるとえいます。

・ザガーロの副作用
ザガーロは1型、2型の5αリダクターゼを阻害し、プロペシアよりも強い効果を発揮します。しかし、その分副作用のリスクも上がります。ザガーロの副作用は0.5mgタイプで勃起不全が10%、性欲減退は5%程度の割合で報告されています。

ザガーロの注意点としては、前立腺がんの腫瘍マーカーの数値が半減する作用があります。検査などを受ける際には、薄毛治療薬を服用中であることを申告する必要がります。その他、献血も避けることを推奨しています。妊婦さんの服用も厳禁です。男性の胎児の場合、生殖器に影響が出る可能性があります。

関連記事

ヘアメディカル

16年で135万人以上の症例実績のあるAGAクリニック。フィナステリド、ミノキシジルの内服薬をはじめ、患者の症状に合わせて院内製剤を処方しています。都度払いで高額ローンなどもありません。

ヘアメディカル
AGAスキンクリニック

全国に40以上のクリニックを展開するAGAスキンクリニック。フィナステリド、プロペシア等を使用したオリジナル治療薬「リバース」をはじめ、成長因子を注射するAGAメソセラピー治療なども実施。

AGAスキンクリニック
銀クリAGA

東京、銀座で薄毛治療を専門に行う銀クリAGA。安心して薄毛治療を受けられる価格設定にこだわり、薄毛治療薬やメソセラピー治療を行っています。薄毛治療の費用を抑えたい人に人気です。

銀クリAGA



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

生え際育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ