ヘアサイクルの乱れと薄毛



●ヘアサイクルとは
ヘアサイクルとは成長期、退行期、休止期の3段階があります。成長期は2年から6年、退行期は2週間、休止期は3ヶ月ほどです。3段階のサイクルを繰り返しながら、髪の毛は抜けては新しく生えてきます。ヘアサイクルの9割は成長期です。成長期には毛細血管の活動が活発になり、髪の毛は成長します。退行期には毛母細胞の活動が低下し、毛根が萎縮しはじめます。休止期になると髪の毛は抜け落ちます。

●薄毛の兆候
髪の毛は1日80本から100本程度は自然に抜け落ちます。薄毛の兆候は抜け毛が数倍に増える事から始まります。枕の抜け毛の増加、風呂場の排水口に髪の毛が多く溜まるなどの変化がみられるようになります。この薄毛の原因はヘアサイクルの短縮にあります。これまで2年から6年あった成長期が短くなり、抜け毛が増加します。薄毛の兆候はその他にも、フケの増加、髪の毛が細くなる、頭皮が硬くなるなどの症状があります。

ヘアサイクルの短縮をもたらすのが男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)です。DHTはアンドロゲンレセプターと結合し、脱毛因子を生成します。脱毛因子は毛根を萎縮させ、細毛や軟毛を増加させてしまいます。DHTは頭頂部と全頭部の毛乳頭内に生成され、頭皮が透けたり、生え際が後退してしまいます。

●ヘアサイクルを改善する方法
ヘアサイクルの改善で最も重要なのがDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える事です。DHTの抑制にはプロペシア、ノコギリヤシなどが有効です。特に有効なのがプロペシアです。医薬品の為、医師による処方が必要ですが、DHTの生成を抑える効果があります。ただ、プロペシアには性欲減退などの副作用が数%の割合で発生しています。副作用が心配な場合はノコギリヤシを配合したサプリメントがおすすめです。

DHTを抑制することで抜け毛は改善します。さらに、血流改善作用のある育毛剤を使用することで、毛髪は成長します。センブリエキス、ニンジンエキスなどの生薬には血行を促進する作用があります。その他、血管を拡張するミノキシジル、塩化カルプロニウムも有効です。さらに、細胞活性化作用のあるM-034、CTP、アデノシンなども毛乳頭細胞を活性化し、毛髪の成長をサポートします。

関連する記事

頭頂部の薄毛におすすめの育毛剤
生え際の薄毛におすすめの育毛剤
フィナステリドの効果、副作用について
ノコギリヤシの特徴、効果について


人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

生え際育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ