トップページ >  > 頭皮の皮脂を抑える方法

頭皮の皮脂を抑える方法



皮脂が多いと頭皮がベタベタしてしまいます。さらに、皮脂が増えると毛穴が詰まり細菌なども発生しやすくなります。その結果、頭皮のフケ、かゆみ、ニキビなどの原因となります。その他、脂漏性皮膚炎と呼ばれるひどい炎症を引き起こすこともあります。

●皮脂が増える原因

・男性ホルモン
男性ホルモンは皮脂の分泌に大きな影響を与えます。皮脂腺にあるⅠ型5αリダクターゼと男性ホルモンが結合することで、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌が増えてしまいます。

・甘いもの、油分の食べ過ぎ
食べ物も皮脂分泌におおきな影響を与えます。糖分や脂肪分は「遊離脂肪酸」「トリグリセリド」に分解され、皮脂の分泌を増やします。皮脂が気になる方は食べ過ぎに注意することをおすすめします。

・ストレス、寝不足
日頃のストレスや寝不足もホルモンバランスの乱れを引き起こします。寝不足の後は肌画荒れやすい状態になりますが、成長ホルモンの分泌が低下したり、ステロイドホルモンが増加することで、皮脂が分泌しやすくなります。

●皮脂を抑える方法

・食事
皮脂を抑えるためには食べ物が非常に重要になります。最も重要な栄養分がビタミンB2とビタミンB6です。ビタミンB2には脂肪を燃焼する作用があり、過酸化脂質を分解する作用があります。レバーやうなぎ、納豆、卵、牛乳などに含まれています。

ビタミンB6にはタンパク質を分解、合成作用があります。さらに、肝臓の脂質の蓄積を防止する沙央やホルモンバランスを整える作用があります。ビタミンB2とともに皮脂を抑えるためにかかせない栄養分です。ビタミンB6はレバー、バナナ、さんま、卵、大豆などに含まれています。



・育毛剤
育毛剤にも皮脂を抑える効果があります。育毛剤選びで大事なのが配合成分です。育毛剤の多くには血流改善成分と頭皮ケア成分が含まれています。皮脂を抑える成分には「塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)」、「酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体)」を配合した育毛剤が有効です。




・シャンプー
頭皮の皮脂を抑える方法としてシャンプー選びも大切になります。シャンプーには大きく分けて「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3つのタイプがあります。この中でおすすめなのがアミノ酸系シャンプーになります。

アミノ酸系シャンプーは皮脂を取りすぎることなく、頭皮を優しく洗浄してくれます。高級アルコール系シャンプーにはラウリル硫酸ナトリウムなどの脱脂力の強い洗浄成分がふくまれているため、皮脂の過剰分泌を招きます。石鹸洗浄成分も洗浄力が強いために、頭皮の乾燥による皮脂分泌を招くことがあります。

皮脂の分泌による痒みがひどい場合は脂漏性皮膚炎の可能性があります。その場合は抗真菌剤を配合したシャンプーが有効です。市販のシャンプーでは硝酸ミコナゾールを配合したコラージュフルフルシャンプー、メディクイックシャンプーなどがおすすめです。




・サプリメント
皮脂を抑えるサプリメントとしてはビタミンB群を豊富に配合したタイプがおすすめです。市販のサプリではチョコラBBが有名です。チョコラBBにはビタミンB2とB6が非常に豊富に配合されています。ニキビや口内炎の改善作用があり、皮脂を抑える作用や代謝促進作用などもあります。

その他、手軽にとれるのがマルチビタミンです。マルチビタミンはサプリメントの中でも非常に安価で続けやすいです。ビタミンBだけでなく、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養分もまとめて摂取できます。日頃から継続して飲む事をおすすめします。
人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

前頭部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ