フケの種類、対策



フケとは頭皮から剥がれ落ちる角質です。新陳代謝によって古い角質は少しずつ剥がれ落ちていきます。頭を洗っても、その日のうちにフケが落ちてくる状態をフケ症と呼ぶことができます。そしてフケには乾燥タイプと脂漏タイプがあります。

・乾燥タイプのフケ
乾燥タイプのフケはパラパラと乾いたフケが出る状態です。乾燥した角質層が必要以上に剥がれ落ちています。頭皮の乾燥した人に多く、男性よりも女性に多いタイプのフケ症です。

・脂漏性タイプのフケ
脂漏タイプは頭皮に皮脂が多量に分泌し、頭皮がベタベタになっている状態です。この皮脂を餌にする癜風菌(真菌)が大量に発生することで、ベタつきたフケが発生します。脂漏タイプは男性に多いフケ症です。

フケ症の原因



・頭皮の洗いすぎ
シャンプーによる頭皮の洗いすぎはフケを招くことがあります。特に硫酸ナトリウムやスルホン酸ナトリウムなどの、洗浄力の強い成分を配合したシャンプーは皮脂を取りすぎてしまいます。皮脂を取りすぎると、頭皮が乾燥したり、新陳代謝を早めてしまい、フケが発生します。

・皮脂の増加
ホルモンバランスが乱れると皮脂が増加し、皮脂を餌にする癜風菌(真菌)が大量に繁殖します。この癜風菌が皮脂を分解する過程で、新陳代謝が異常に早くなり、フケが発生します。

・生活習慣
皮脂の増加の要因には睡眠不足やストレスなどがあります。睡眠不足、ストレスは男性ホルモンを増やす作用があり、皮脂腺を活性化します。また、油分や糖分の摂りすぎ、ビタミンB不足なども皮脂を増やす要因になります。

フケを治すシャンプー



フケシャンプーのポイントはアミノ酸洗浄成分と抗真菌剤です。アミノ酸洗浄成分は皮脂を取りすぎずに頭皮の汚れを取り除きます。乾燥しやすい頭皮には欠かせません。

そして皮脂によって増加する癜風菌(真菌)の繁殖を抑えるのが抗真菌剤です。皮脂によるフケ、かゆみは抗真菌剤配合のシャンプーの使用が有効です。


その他のフケ対策



・睡眠をしっかり摂る
皮脂の過剰分泌はホルモンバランスの乱れで発生します。ホルモンバランスの乱れはストレス、睡眠不足などがあります。睡眠をしっかり取ることで成長ホルモン「セロトニン」、抗酸化作用のあるメラトニンなどが分泌されます。睡眠時間が短いとホルモンバランスの乱れによって皮脂画像化します。1日6時間程度は睡眠時間を取ることが大切です。

・ビタミンBをしっかり摂る
皮脂の過剰分泌を抑えるためにはビタミンB群の摂取が欠かせません。特にビタミンB2は脂質代謝を促進する作用があり、肌や粘膜の健康維持をサポートします。ビタミンB2はレバー、牛乳、うなぎ、納豆、たまごなどに含まれています。

糖分や油分の摂りすぎは皮脂の増加を招きやすくなります。チョコレートやスナック菓子をはじめ、揚げ物などの摂りすぎもフケの原因になります。

薄毛対策におすすめの育毛剤特集

育毛シャンプーのおすすめ

アミノ酸系洗浄成分を使用したスカルプシャンプー。頭皮を優しく洗うことに重点を起き、皮脂を取り過ぎることなく、毛穴の汚れを吸着して洗い流します。また、炎症や乾燥を抑え、フケやカユミを防止。髪の毛が成長しやすい頭皮作りをサポートする育毛シャンプーについて。

育毛シャンプーのおすすめはコチラ
育毛サプリのおすすめ

体の内側から育毛ケアに欠かせない栄養分を補給できる育毛サプリについて。抜け毛の原因となるDHTを抑制するノコギリヤシ、代謝を良くする亜鉛、ビタミン郡などを配合した、おすすめの育毛サプリを紹介。

人気の育毛サプリメント!おすすめはコチラ



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

生え際育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ