育毛剤に副作用はあるのか?

育毛剤を使う際に副作用が気になる方も多くいます。ただ育毛剤は「医薬部外品」扱いの為、副作用は殆ど在りません。副作用が気になるのは「医薬品」扱いのプロペシアやリアップです。ここでは育毛剤、医薬品の副作用について取り上げます。



●育毛剤、サプリの副作用
・炎症、かゆみ
育毛剤の副作用で多いのが痒みを伴う炎症です。これは敏感肌に多い症状です。育毛剤に含まれるアルコールや防腐剤などが頭皮に合わない時に発生します。敏感肌の場合は、無添加タイプの育毛剤がおすすめです。売れ筋の育毛剤では育毛剤ブブカ、M-1育毛ミストがおすすめです。アルコールフリーの無添加タイプで、非常に低刺激です。

>>低刺激の育毛剤

・サプリメントの過剰摂取
サプリメントによる栄養の過剰摂取は副作用の危険性があります。ビタミンC、ビタミンEをはじめ、リン、ナトリウムなどのミネラルの過剰摂取は体によくありません。これらのサプリの摂り過ぎは、結石や肝機能障害などの原因となります。また、薬とサプリメントの飲み合わせにも注意が必要です。病院の薬を飲んでいる場合、サプリメントの併用については、医師に確認する事をおすすめします。

●ミノキシジルの副作用
・ミノキ焼け
リアップを使用する事で発生する副作用にミノキ焼けがあります。ミノキシジルは医薬部外品の育毛剤に比べて刺激が強めです。発疹、かゆみ、かぶれなどが出る事があります。頭皮のかぶれがひどくなる場合は使用を中止します。また、妊娠中、授乳中の女性のリアップ(ミノキシジル)の使用は禁止されています。

・低血圧、多毛症など
こちらもミノキシジルの副作用です。非常に稀ですが、低血圧によって頭痛やめまい、心拍が早くなるなどの副作用が報告されています。多毛症に関してはリアップよりも、内服タイプのミノキシジルタブレットにおいて報告されています。タブレットタイプはAGAクリニックで処方されている薄毛治療薬です。

●プロペシアの副作用
・性欲減退
プロペシアに含まれるフィナステリドには性欲減退、勃起機能不全などの副作用が2~4%程度、報告されています。その他、肝機能障害や前立腺の異常がある方は医師に相談が必要です。また、女性の服用は禁止されています。妊娠中や授乳中の子供に悪影響を与える事があり、触れることも避けてください。

関連する記事

薄毛対策におすすめのサプリメントについて
育毛に欠かせない栄養素、食事について
返金保証付きの育毛剤について紹介
プラセンタの特徴、効果について
若ハゲ対策について


人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

生え際育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ