遺伝と薄毛の関係



ハゲは遺伝だから仕方ない。そんなことをよく耳にします。確かに男性型脱毛症(若ハゲ)は遺伝の影響をおおきく受けています。ハゲは男性に対して優勢に、女性に対して劣勢に遺伝します。

・ハゲは母親から遺伝する?
ハゲの遺伝の原因などはまだはっきりしていません。ただ最近わかってきたのが薄毛遺伝子はX染色体に含まれているということです。X染色体は母親から遺伝します。母親が薄毛出ない場合でも、母親の家系にハゲや薄毛の人がいる場合は薄毛になる可能性があります。

その他、頭蓋骨の形状も薄毛に関係しています。
「頭が大きく、左右、上に突き出している」
「頭は小さいが尖っている」
このような形状の場合、男性型脱毛症(若ハゲ)の可能性が高くなります。

遺伝によるハゲについて



男性型脱毛症(若ハゲ)は男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が大きな要因となります。ここでは遺伝と薄毛、ハゲの関係について紹介します。

●男性ホルモン、5αリダクターゼの量
遺伝でハゲる要因として、男性ホルモン、5αリダクターゼの量が考えられます。男性ホルモンは髭や体毛をはじめ、筋肉などにも欠かせないホルモンです。5αリダクターゼは毛乳頭内に存在する特殊酵素です。男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することでDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。遺伝は男性ホルモンの量の多さや5αリダクターゼの活動が活発かどうかに影響を与えます。

●男性ホルモンレセプターの感受性
男性ホルモンレセプターは前頭部、頭頂部にあります。側頭部や後頭部にはありません。DHT(ジヒドロテストステロン)が男性ホルモンレセプターと結合することで、TFG-β1(脱毛誘導因子)が発生します。その結果、毛母細胞の働きが弱くなり、抜け毛が増えます。

遺伝が影響するのは男性ホルモンレセプターの感受性です。男性ホルモンレセプターの感受性が高いほどハゲやすくなります。この感受性をコントロールすることはできません。

AGA遺伝子検査キット


12,960円

薄毛遺伝子のチェックを自分で行うことができるキットも販売されています。遺伝子検査キットには綿棒が入っています。この綿棒を口の中の頬の部分で20回ほど回転させてます。口の中の粘膜を取ったあとに返信用封筒に入れて検査機関に返送します。

男性ホルモン受容体遺伝子には4種類の塩基があります。この塩基配列(C-A-G)、(G-G-C)の繰り返しの回数が40回以下の場合はフィナステリド感受性が高くなりますす。

検査によって脱毛リスク、フィナステリドの感受性が高いか低いかがわかり、フィナステリの感受性が高ければ、薄毛治療薬(プロペシア)が効きやすい体質だといえます。


育毛剤での薄毛対策



育毛剤は医薬部外品とよばれます。フィナステリドやミノキシジルは発毛剤と呼ばれる医薬品です。育毛剤は効果が緩やかな分、副作用などの心配は殆どありません。

育毛剤の効果には血流改善作用をはじめ、毛髪代謝の活性化、頭皮環境の改善などがあります。生薬や植物エキスなどを中心に配合し、育毛を促進します。ノコギリヤシや亜鉛などのサプリメントと併用することで、より効果的に薄毛対策をサポートします。


クリニックでの薄毛治療



クリニックでは様々な薄毛治療を行なっています。フィナステリドやミノキシジルをはじめ、注入療法や自毛植毛などがあります。

・フィナステリド、デュタステリド
5αリダクターゼを阻害する飲み薬です。DHT(ジヒドロテストステロン)を阻害することで薄毛を改善します。2型5αリダクターゼを阻害するフィナステリド(プロペシア)、1型と2型の5αリダクターゼを阻害するデュタステリド(ザガーロ)などがあります。

ただ、フィナステリドやザガーロには性欲減退や勃起不全などの副作用が報告されています。子供を作る時は断薬するのが一般的です。

・ミノキシジル
ミノキシジルは血管を拡張刷る作用に優れています。血管を拡張することで毛乳頭に栄養や酸素を届けます。さらに、VEGFやKGFと呼ばれる成長因子の産生を促進する効果があります。ミノキシジルと言えばリアップが有名ですが、クリニックでは内服タイプも処方されています。

・頭皮注射
フィナステリドやミノキシジルに加えて頭皮注射を行うクリニックもあります。発毛促進剤を頭皮から注入する薄毛治療法です。発毛促進剤には細胞を活性化する成長因子、血管拡張剤、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。1回あたり数万円と高額で、6回程度は繰り返す必要があります。

遺伝による薄毛対策

薄毛は遺伝が関係していると言われ、男性型脱毛症の多くの原因だと言われています。女性の遺伝は男性ほど高くはありません。ここでは遺伝による薄毛の対策について紹介します。



・母親方の遺伝が多い
抜け毛の原因のひとつに遺伝的要素が挙げられます。遺伝は母親の家系に抜け毛や薄毛の人がいる場合、多いと言われています。 女性は遺伝による薄毛が少ないため、祖父の抜け毛が孫に隔世遺伝するように見えることがあります。

抜け毛が遺伝的要素だと言われるのは、女性が持つX染色体の影響です。母親から遺伝するX染色体にはアンドロゲンレセプターの感受性に影響があると言われており、男性ホルモンによるヘアサイクルの変化を引き起こします。

・父親方の遺伝と薄毛もある
抜け毛の遺伝は母親の家系の影響が大きいと考えられています。ただ、父親の家系からの遺伝が関係ないのか、と言うとそうではありません。

父親からは男性ホルモンの分泌に関係することが遺伝します。男性ホルモンが多いと、抜け毛が増えることがあるのです。 男性型脱毛は5αリダクターゼと呼ばれる酵素が、男性ホルモンと結びつくことによって引き起こされます。5αリダクターゼの活動は父親から遺伝することが多いと言われています。

薄毛は母親の家系による遺伝が多いと考えられますが、父親方の遺伝でも男性ホルモンや5αリダクターゼの働きが活発な場合、薄毛を引き起こします。

・遺伝による抜け毛、薄毛対策
遺伝が関係している場合、薄毛は起きやすくなります。遺伝の場合は5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑える事が最も大切です。男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるジヒドロテストステロン(DHT)がアンドロゲンレセプターと結合し、抜け毛が増加します。

5αリダクターゼの働きを抑えるためにはフィナステリドを配合した治療薬、ノコギリヤシ、キャピキシル、オウゴンエキスなどを配合した育毛剤、育毛サプリなどがあります。フィナステリドには強い効果がありますが、性欲減退などの副作用が稀にあります。副作用が心配な人には、育毛剤と育毛サプリを併用する事がおすすめです

また、生活習慣を整えたり、食生活を改善することも大切です。食事も栄養バランスを考え、髪の毛に良いと言われるタンパク質やビタミン、亜鉛などを取り入れるように工夫しましょう。 シャンプー選びや洗髪方法を見直すことももおすすめです。シャンプーを見直すなら、石油系界面活性剤が含まれていないアミノ酸系のシャンプーにし、頭皮や髪の毛に負担をかけないようにしましょう。頭皮環境を健康的に保つことは、抜け毛の予防にはとても大切です。

育毛剤 関連記事

コスパに優れた育毛剤

コストパフォーマンスに優れた育毛剤について。価格や内容量、成分などを比較し、費用対効果に優れた育毛剤をピックアップ!サプリメントと育毛剤のセット、定期購入、回数縛りなしなどの育毛剤を紹介。

コスパでおすすめ育毛剤はコチラ



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

生え際育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ