フィンペシアの効果、副作用



フィンペシアはフィナステリドを配合した薄毛治療薬です。いまのところ、個人輸入代行サイトから購入が可能です。プロペシアのコピーと言える内服薬で、フィナステリド1%配合タイプが一般的です。フィンペシアの多くはインドの製薬会社である「シプラ社」が製造しています。

フィンペシアの安全性ですが、最近のフィンペシアはキノリンイエローフリーのタイプが増えています。キノリンイエローには発がん性があると言われいました。個人輸入代行サイトではこのキノリンイエローフリータイプも販売しており、安全性は増したと考えられます。(一部では旧タイプの扱いもあるようです。)ただ、あくまでインド製であり、国内では未認可の内服薬です。安全性に対する保証などは全く無いため、服用に関しては完全に自己責任です。

フィンペシアの効果はプロペシアとほぼ同じです。薄毛の原因はDHT(活性型男性ホルモン)です。DHTは毛根にあるレセプターと結合することで毛母細胞の働きを弱め、薄毛を進行させます。フィンペシアに含まれるフィナステリドは男性ホルモンに働きかける2型5αリダクターゼの働きを阻害することで、活性型男性ホルモン「DHT」を抑制します。

フィンペシアの特徴はなんといっても値段の安さです。国内で販売されているプロペシアに比べて、かなり安く購入することができます。特許の関係などもありますが、インド製で個人輸入だから出来る事です。

フィンペシアの副作用についてはプロペシアと同じように、数%の割合で性欲減退などの自覚症状があります。男性ホルモンに近い、DHTを抑制するために起こる事です。ただ、男性ホルモン自体を減らす作用はありません。あとはフィナステリドを服用すると前立腺の腫瘍マーカーが下がります。前立腺の治療を受ける際には、フィナステリドを服用中であることを伝えるようにします。

フィンカーの効果、副作用



フィンカーはプロスカーをコピーした飲み薬です。フィンカーの特徴は1粒にフィナステリドを5mg配合している点です。フィンカーやプロスカーは前立腺肥大症を改善するために開発された治療薬です。プロペシア、フィンペシアの5倍ものフィナステリドが含まれています。5αリダクターゼを阻害することで、抜け毛の原因となるDHTを抑制する作用もあります。

フィンカーはフィンペシアと同様にインドのシプラ社が開発した飲み薬です。国内では未認可なため、個人輸入代行サイトで購入が可能です。こちらについても、服用はあくまで自己責任になります。着色料「キノリンイエロー」は使用されていません。

フィンカーはそのまま飲むのではなく、ピルカッターで4~5分割して服用するのが一般的です。分割して飲むことで、フィンペシアよりもコストを抑える事が可能です。フィナステリドの服用は1日1mgが基本です。それ以上の服用は副作用の可能性を高めます。

フィンカーの副作用は主に男性機能の低下、性欲減退です。特にフィナステリドを1日1mg以上服用するのはおすすめできません。また、フィンカーはプロペシアと同じく女性の使用はできません。特に妊婦さんは胎児への副作用の可能性があるので厳禁です。未成年の服用も禁止されています。

デュタスの効果、副作用



デュタスはデュタステリドを配合した内服薬です。インドの製薬会社「Dr. Reddy's 」が製造しています。デュタスは国内では未認可のため、いまのところ個人輸入代行サイトで購入する事が可能です。服用に関しては、自己責任になります。

デュタステリドはプロペシアに含まれるフィナステリドとは違います。大きな違いは「Ⅱ型5αリダクターゼに加え、Ⅰ型5αリダクターゼも阻害」する作用があるところです。1型5αリダクターゼは皮脂の分泌などに影響する特殊酵素で、肌荒れやニキビの原因となります。

デュタスは一般的に前立腺肥大症の治療薬としてつかわれています。DHTの生成を抑制する働きがあるため、脱毛を抑える作用もあります。デュタステリドが特殊酵素(抜け毛の原因となるⅡ型5αリダクターゼ、肌荒れの原因となるⅠ型5αリダクターゼ)を阻害することで、血清中のDHT濃度を低下させます。

デュタスの副作用の多くは勃起不全、性欲減退です。副作用の割合はフィナステリドよりも高い傾向があります。さらに、一部では女性化乳房などの副作用も報告されています。Ⅱ型だけでなく、Ⅰ型の5αリダクターゼも阻害し、DHT濃度がかなり減少することでの副作用だと考えられます。

デュタスの注意点ですが、フィナステリドと同じように女性の服用は厳禁です。特に妊娠中、授乳中の女性は胎児に影響が出る可能性があります。あとは未成年の服用もおすすめできません。

高濃度ミノキシジル配合の海外育毛剤「ポラリス」の効果



海外育毛剤「ポラリス」はアメリカのメーカーが生産しています。ポラリスNR-10にはミノキシジルが16%も配合されています。国内で販売されているリアップX5に比べても3倍以上の濃度を誇っています。そのため、血管拡張作用は非常に強めです。血流量が改善することで毛乳頭細胞も活性化します。毛母細胞の増殖作用のある成長因子(KGF)、血管新生作用のある成長因子(VEGF)を産生し、育毛に強くアプローチします。もちろん、国内では未認可の商品です。現在では個人輸入代行サイトにて購入が可能です。ポラリスの使用はあくまでも自己責任になります。

さらに、ポラリスNR10にはフィナステリドも0.1%配合しています。男性の薄毛は男性ホルモンと2型5αリダクターゼによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)です。DHTは毛母細胞の活動を弱くし、毛髪の成長を止めてしまいます。フィナステリドによって抜け毛の原因となるDHTの産生を抑制し、抜け毛を防止します。

その他にも、ポラリスNR10には頭皮に潤いを与え、髪の毛のハリやコシを改善するコラーゲン、エラスチンを配合。また、毛髪の成長をサポートする毛母細胞活性化作用や5αリダクターゼを阻害する銅ペプチド、炎症を抑制するアラントインなど、育毛ケア成分を豊富に含んでいます。

育毛剤「ポラリスNR10」の副作用は頭皮の痒み、かぶれです。ミノキシジル濃度が非常に高いため、痒みが発生します。あまりにも痒み、かぶれが酷い場合は使用を中止する事をおすすめします。また、血圧や心臓の病気を治療している場合は、医師に確認することをおすすめします。また、フィナステリドを配合しているため女性の使用はできません。特に、妊婦さんや授乳中の女性は触ることもできないので、注意が必要です。



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

前頭部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ