トップページ >  > パントスチンの効果、副作用

パントスチンの効果、副作用



パントスチンは男女兼用の抜け毛抑制薬です。有効成分「アルファトラジオール」を配合しています。アルファトラジオールには5αリダクターゼを阻害する効果があります。抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑え、ヘアサイクルの改善をサポートします。

軽度のAGAや女性のFAGAに有効な外用薬として薄毛治療クリニックで処方されています。ネットの個人輸入代行サイトでも購入することが可能です。女性でも加齢によるホルモンバランスが乱れ、遺伝などの影響によって5αリダクターゼが増加します。その結果、FAGAと呼ばれる薄毛が進行します。

DHTを抑制することによって男性ホルモンが関係する抜け毛を防止します。DHTを 阻害することで、ヘアサイクルの寿命を長くします。その結果、細毛や産毛の増加も抑制します。またDHTによって発生する過剰な皮脂も抑えるため、頭皮がべたつきやすい人にもおすすめです。

●フィナステリドとの違い
AGA治療薬と言えばフィナステリドでを配合したプロペシアが有名です。最近ではデュタステリドを配合したザガーロと呼ばれる内服薬も登場しています。フィナステリド、デュタステリドには5αリダクターゼを強力に阻害する作用があります。ただ、強い効果があるためにフィナステリド、デュタステリドには性欲減退、勃起不全などの副作用を起こす可能性があります。また、女性の服用はできません。パントスチンはフィナステリドなどよりも効果がマイルドでなため、女性でも使用できます。

●パントスチンの副作用
パントスチンはプロペシアやザガーロに比べると効果が緩やかなため、性欲減退などの副作用は報告されていません。アルコール成分による炎症や赤みなどの副作用が現れる可能性はあります。

●パントスチンの使い方
パントスチンは1日1回、脱毛が気になる部分に塗布します。先端にあるキャップを外し、付属のアタッチメントを上から差し込みます。差し込むとカチッと音がします。アタッチメントを差し込んだ状態でボトルを軽くおし、計量線まで薬液を満たします。それから薄毛が気になる部分にパントスチンの薬液を塗布していきます。
人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

生え際育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ