ピディオキシジルの効果、副作用



●ピディオキシジルの効果
ピディオキシジルはミノキシジル誘導体と呼ばれる成分です。ミノキシジルと非常に似た作用があり、血行を促進して毛根の細胞活性化をサポートする働きがあります。ピディオキシジルは2011年から使用が可能になり、まつげ美容液などには配合されていました。

●ミノキシジルとの違い
最近になって、ようやく育毛剤にも配合されるようになりました。育毛対策ではミノキシジルを配合したリアップが有名です。ミノキシジルは元々血圧を下げる薬でしたが、多毛症と呼ばれる副作用が見られるようになり、育毛剤として開発されました。血管を拡張することで、毛乳頭細胞に働きかけ、髪の毛の成長を促進します。

ピディオキシジルにはミノキシジルのような強い血管拡張作用がありませんが、副作用を抑えた血行促進効果があります。ミノキシジルの副作用には、多毛症をはじめ、頭皮のかぶれ(ミノキ焼け)、稀に血圧低下などがあります。ピディオキシジルは効果の強さは落ちますが、これらの副作用を取り除き、育毛をサポートします。

ピディオキシジル配合の育毛剤

ボストンスカルプエッセンス

育血行促進作用のあるピディオキシジルをはじめ、5αリダクターゼを阻害するキャピキシル、強い抗酸化作用があるフラーレンを配合し、毛髪の成長を促進。その他にも、炎症を抑える生薬、頭皮を保湿する植物エキスなども配合し、炎症やカユミの発生を抑え、頭皮環境を整えます。
12,800円~ 送料無料 180日間返金保証

フィンジア

血流を改善するピディオキシジル、DHTを抑制するキャピキシルをはじめ、10種類の植物エキスを配合。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2kなどを配合し、フケやカユミを抑えます。、
9980円~ 送料無料 30日間返金保証

ピディオキシジル、キャピキシル配合!

話題の成分、ピディオキシジルとキャピキシルを配合。血行促進作用と5αリダクターゼを阻害する作用で毛髪の成長をサポートします。さらに、強い抗酸化作用があるフラーレンを配合し、皮脂の酸化や細胞へのダメージなどを抑制します。

その他にも細胞活性化を促進する成長因子、タケノコ皮エキス、褐藻エキス、炎症を抑えるグリチルリチン酸2kなども配合。毛根の細胞を活性化を促進し、育毛をサポートします。

薄毛対策におすすめの育毛剤特集

キャピキシル配合の育毛剤

アカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド3をミックスした原料、キャピキシル配合の育毛剤について。5αリダクターゼを阻害するアカツメクサ、細胞を活性化するペプチドで薄毛を改善する育毛剤について。

キャピキシル育毛剤!おすすめはコチラ
M-034配合の育毛剤

褐藻エキス「M-034」配合の育毛剤について。三石昆布から抽出されるエキスで、フコイダンやミネラル、ビタミンなどの成分が含まれています。細胞を活性化など育毛をしっかりサポートするM-034配合育毛剤について。

M-034配合育毛剤!おすすめはコチラ
生え際におすすめ育毛剤

生え際の薄毛対策について。男性ホルモン、DHTによって生成される脱毛因子の抑制におすすめの育毛剤について。ノコギリヤシ配合の育毛サプリと育毛剤がセットになったタイプを中心に紹介。

生え際育毛剤!おすすめはコチラ



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

前頭部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ