ミノキシジルを配合した育毛剤 リアップ

リアップは1999年に認可された医薬品です。第1類医薬品の為、薬剤師のいる薬局で扱っています。それから2009年にはミノキシジルを5%配合したリアップX5が販売されました。ミノキシジルは元々、血圧を下げる薬としてアメリカなどでは内服薬が使われていました。そうしたところ、体毛と共に髪の毛が増える効果が確認されました。日本では現在でも内服薬は認可されていませんが、外部から塗布する育毛剤に転用することで国内でも販売が認められました。



リアップに含まれる「ミノキシジル」は血管拡張作用があります。血流を促進することで毛根の細胞増殖を促進します。毛母細胞の活動を活発にすることで髪の毛は成長します。ヘアサイクルにおける休止期から成長期へと移行させる作用があり、髪の毛を太くする働きがあります。

リアップできになるのが、「ミノキシジルの副作用」です。ミノキシジルは通常の育毛剤で使われる植物エキスよりも血管拡張作用が強い成分です。一般的に見られるのが「かゆみ、湿疹」です。こちらはプロピレングリコールと呼ばれるアルコール成分の刺激が強い成分の為に起こる副作用です。後は、極めて稀ですが、血圧に影響を与えて動悸、頭痛、胸痛、手足のしびれなどが報告されています。

ミノキシジルタブレットの効果、副作用

ミノキシジルには外から塗布するリアップ、ロゲインだけでなく、服用するミノキシジルタブレットがあります。ただ、ミノキシジルタブレットは国内では未認可です。医師の責任において処方しています。一部、海外の個人輸入代行などで購入する事は可能です。頭髪治療クリニックでは血液検査や血圧検査をした上で、ミノキシジルタブレットを処方しています。

●ミノキシジルタブレットの効果
外部から塗布するよりも、腸管からミノキシジルを取り込む事によって、強い血行促進作用が期待できます。血液の循環がよくなることで、栄養分を毛乳頭にしっかりと行き渡らせる事が可能です。さらに、ミノキシジルには血管を新生する作用のある成長因子(VEGF)を産生する働きもあります。血管が増えることで栄養分がより多く毛乳頭に届き、髪の毛は成長します。

●ミノキシジルタブレットの副作用
ミノキシジルタブレットを服用すると抜け毛が増える事があります。これは初期脱毛と言われ、ヘアサイクルが改善することによる脱毛です。休止期から成長期に移行するときに起こる症状です。ミノキシジルタブレットの副作用としては体毛の増加があります。稀に肌荒れやニキビなどが起こることもあります。

ミノキシジルタブレットの注意点としては狭心症の人、妊娠、授乳中の女性の使用は控えるように言われています。また。低血圧の人が服用した場合に頭痛やめまいなどが起こる事もあり、医師に確認することをおすすめします。



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

前頭部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ