生活習慣の改善と育毛対策

薄毛の原因は様々です。 生活習慣の改善は薄毛、抜け毛対策にとって重要です。



・睡眠不足の解消
いま、睡眠不足になっていないでしょうか? DVDやテレビ、 あるいはゲーム、動画サイト視聴など、現代は睡眠不足になる誘惑が一杯です。

睡眠は成長ホルモンの分泌に欠かせません。 睡眠不足は成長ホルモンの減少を引き起こし、細胞の再生活動を低下させてしまいます。 そのため髪の毛の成長に必要な毛母細胞の分裂活動にもマイナスになります。 そして睡眠不足はストレスにもなります。 ストレスにより血管が収縮し、頭皮の血行が悪くなります。

対策としては寝る前にお酒、コーヒー、食事は避ける事。 寝室はなるべく暗くする。カーテンは朝日が入るように少しあけておきます。 睡眠をしっかりと取ることが薄毛対策には非常に重要です。

深い睡眠、ノンレム睡眠中に成長ホルモンは分泌されます。成長ホルモンは髪の成長をはじめ、ターンオーバー促進、疲労回復、免疫力の改善にも欠かせません。ここでは成長ホルモンの特徴、効果などについて紹介します。

・成長ホルモンを上手く活用する方法
髪の成長に大事な成長ホルモンを活用するためには、まずは寝る直前に食事をしないことです。 入眠時に血糖値が上がることは成長ホルモンにはよくありません。寝る前にお風呂で体温をあげることで、成長ホルモンを上手に活用できます。 お風呂で体温を上げたり、少しだけストレッチや軽めの運動をすることで質のいい睡眠が取れ、成長ホルモンが分泌しやすくなります。

寝る時に目に明かりが入ってくることは良くないので、部屋の明りやパソコン、携帯などの光には注意しましょう。体がリラックスした状態を作ることが大事ですが、アルコールは安眠の妨げになります。コーヒー、アルコールは成長ホルモンの分泌にとってマイナスです。

・成長ホルモンを増やすためには
髪の育毛に欠かせない成長ホルモンはノンレム睡眠中に出されるため、規則正しく睡眠、起床を行うことが欠かせません。十分な睡眠が取れないとホルモンバランスの乱れや血行不良なども引き起こします。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を低下させることになり、毛髪の成長力を弱めます。 成長ホルモンには細胞代謝を活性化し、髪の育成を促す作用があるので、なるべく6時間は睡眠を取るようにしてください。また、睡眠中には成長ホルモンだけでなく、メラノサイトも分泌します。メラトニンには抗酸化作用があり、細胞や脂質の酸化を阻害します。

・適度な運動


運動の目的はストレス解消と血行の促進です。 仕事から帰ってきて運動というのはなかなか難しいですが、 まずはストレッチや早歩きウォーキングがおすすめです。

運動をして酸素を取り入れる事が血行促進に効果的です。 東洋医学で髪の毛は「血の余り物(血余)」と呼ばれるくらいです。 血流が悪いと毛髪は成長しなくなります。

・食べ過ぎに注意


脂っこい物を多く食べていると内臓脂肪がついてしまいます。 チョコレートやスナック菓子などの間食も脂肪の元。 また、牛丼、コンビニ弁当、ファーストフード、ファミレスなど ジャングフードばかり食べていると栄養が偏り、血行不良を引き起こします。

内臓脂肪により、血液中にコレストロールや中性脂肪が増えてしまうと、 血液の流れがどんどん悪くなり、栄養が毛根まで行き渡りません。 栄養バランスと食べ過ぎに注意することが育毛対策にとって重要です。

タバコ、お酒と薄毛対策

●タバコと薄毛の関係



タバコを吸う人の割合は男性は32%、女性は8%前後です。値上げの影響もあり、年々減少している傾向はありますが、30代から50代の男性の場合、喫煙率は4割近くもあります。タバコの関連のある病気には肺がん、心筋梗塞などがありますが、育毛にもよくありません。

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させ、血流を悪くする作用があります。血液に含まれる栄養素や酸素の供給量が減ることで、毛根の細胞の働きも低下しやすくなります。血行不良は薄毛だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高めます。

さらに、喫煙は活性酸素を増やす作用もあります。活性酸素には正常な細胞にダメージを与える作用があります。さらに、過酸化脂質を発生させ、動脈硬化なども引き起こします。 タバコによって発生する活性酸素によってビタミンCが減少してしまいます。ビタミンCにはコラーゲン合成、皮脂の抑制作用などの働きがあり、頭皮や肌老化などを引き起こします。

薄毛、生活習慣病のリスクを考えると禁煙する事をおすすめします。ただ、ニコチン依存になっていると、なかなかやめられないのも現実です。禁煙ははじめの3日間が非常に重要です。ガムを噛んだ入り、飴を舐めたり、運動をする事などが有効です。また、ライターなども処分する事が有効です。最近では禁煙外来などもあるので、ニコチン依存がひどい場合はクリニックで相談する事をおすすめします。

●お酒、アルコール



●アルコールのメリット
日頃からお酒を飲む人の割合は55%程度です。お酒は適量であればメリットがあります。お酒のメリットとしては、善玉コレステロールの増加、糖代謝の改善などがあります。血液が良くなることで心筋梗塞などの割合が低下します。適度のアルコール量とは1日20g程度です。500mlのビールなら1本、日本酒なら1合程度です。これ以上のアルコールは体にはよくありません。

●アルコールのデメリット
アルコールを飲み過ぎると肝細胞にダメージを与え、肝機能障害が発生しやすくなります。また、高血圧や糖尿病、心筋梗塞などの生活習慣病も増加します。アルコールは体内で「アセトアルデヒド」と呼ばれる毒性物質が発生します。このアセトアルデヒドは脱水素酵素によって無毒の酢酸に分解されます。

アルコールを分解する過程で「シスチン」などのアミノ酸が使われます。シスチンは髪の毛の原料となるタンパク質に欠かせません。これらの栄養が使われることで、髪の毛の生成を阻害してしまいます。

さらに、アルコールによって発生するアセトアルデヒドは抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生に影響します。DHTが血液中で増えると、脱毛物質が発生し、髪の毛は抜けやすくなります。

関連する記事

薄毛対策に欠かせない食事、栄養
育毛とストレス。ストレスを改善する方法など



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

生え際育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ