シャンプーと薄毛対策



薄毛、抜け毛が気になりだすと、 まず気になるがシャンプーではないでしょうか? 「育毛シャンプー」と言う名の元、 数多くのメーカーから薬用シャンプーが販売されています。 特に最近ではシャンプーのテレビCMも多く、 このシャンプーを使えば髪が生えてくるイメージを持ってしまいます。

ただ注意したいのがシャンプーだけで髪が生える事はありません。 シャンプーの役割は頭皮環境の改善です。

●シャンプーの種類
シャンプーにはアミノ酸シャンプーをはじめ、高級アルコール系、石鹸系のシャンプーがあります。ここではシャンプー別の特徴、効果について紹介します。
・アミノ酸系シャンプー
育毛シャンプーの多くはアミノ酸洗浄成分を使用しています。アミノ酸洗浄成分は洗浄力がやや弱めです。そのため、皮脂を取り過ぎる事がありません。乾燥や皮脂の過剰分泌を抑制し、フケやカユミを防止します。アミノ酸シャンプーは殆どが弱酸性なので、頭皮が敏感でも安心して使用できます。

・高級アルコール系シャンプー
高級アルコール系シャンプーには石油系界面活性剤が使われています。石油系界面活性剤はラウレス硫酸ナトリウムなどの成分が含まれたシャンプーの事です。洗浄力が非常に強いため、頭皮への刺激が強くなります。また、皮脂を過剰に取リ除くため、炎症や乾燥が発生しやすくなります。市販の多くは高級アルコール系シャンプーです。

・石鹸シャンプー
石鹸シャンプーは頭皮への刺激は弱めです。ただ、石鹸洗浄成分は洗浄力が高く、乾燥しやすい頭皮には向きません。また、アルカリ成分のために髪の毛が非常にきしみやすいという特徴があります。髪の毛がゴワゴワするので、コンディショナーは欠かせません。

●シャンプー選びのポイント
・洗浄成分はアミノ酸のみ
育毛シャンプーで最も大事なのは洗浄成分です。皮脂のとり過ぎはフケやカユミの原因となります。また、皮脂が酸化すると毛穴が詰まり、毛髪の成長力も低下します。アミノ酸洗浄成分はグルタミン酸、アラニン、ベタインなどの成分名で配合されています。ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウムなどの洗浄力が強い成分が入っていない事を確認する事をおすすめします。

・生薬、植物エキス配合
炎症を抑えるグリチルリチン酸2kや保湿作用のある植物エキスなどを配合したシャンプーを使用することで、頭皮や髪の毛は潤いが持続します。また、センブリエキスなどの生薬エキスは頭皮を活性化する作用があります。髪の毛のツヤを出すためのシリコンは毛穴づまりの原因になることがあるため、ノンシリコンタイプがおすすめです。

・価格は高め
アミノ酸シャンプーは市販の高級アルコール系シャンプーに比べると価格は高くなります。多くの育毛シャンプーは3,000円以上です。アミノ酸洗浄成分に加え、保湿成分や生薬などの育毛ケア成分が豊富に配合されているためです。頭皮が乾燥しやすい方、市販のシャンプーでは痒みやフケが出る方にはアミノ酸洗浄成分を使ったシャンプーがおすすめです。殺菌作用に優れたピロクトンオラミン、抗真菌剤「ミコナゾール硝酸塩」などを配合したシャンプーもおすすめです。

薄毛対策におすすめの育毛剤特集

育毛シャンプーのおすすめ

アミノ酸系洗浄成分を使用したスカルプシャンプー。頭皮を優しく洗うことに重点を起き、皮脂を取り過ぎることなく、毛穴の汚れを吸着して洗い流します。また、炎症や乾燥を抑え、フケやカユミを防止。髪の毛が成長しやすい頭皮作りをサポートする育毛シャンプーについて。

育毛シャンプーのおすすめはコチラ
低刺激の育毛剤おすすめ

低刺激にこだわった育毛剤について。香料やパラベン、鉱物油、アルコールなど、頭皮や細胞にダメージをあたえる添加物を配合していない育毛剤について。

低刺激育毛剤のおすすめはコチラ



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

前頭部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ