育毛と食事の関係

毛髪の成長に欠かせない栄養素、食事について紹介します。


・シスチン(アミノ酸)を含む食品

髪の毛は「ケラチン」と呼ばれるタンパク質で出来ています。
その「ケラチン」はアミノ酸から作られています。


そのため、毛髪の成長にはアミノ酸を含んだ食事を摂ることが欠かせません。

特に毛髪を丈夫にするアミノ酸「シスチン」が大切です。



牛肉、豚肉、鶏肉、卵、牛乳
大豆、ジャガイモ、ピーナッツ

これらの食品にはアミノ酸を豊富に含んでいます。
ただ肉類ばかり食べると血行が悪くなるので注意してください。


・ビタミンB郡


レバー、卵、ナッツ、牛乳、大豆など
ビタミンB2は毛髪の新陳代謝に書かせません。
ビタミンB6には皮脂の過剰分泌を抑制する作用があります。
頭皮のベタつき、湿疹、かぶれ、フケに悩んでいる場合は特に意識して摂りたい食品です。


・亜鉛




牡蠣、牛肉、煮干し、ごま、きな粉、パルメザンチーズなどに含まれます。
食品から摂るのが難しい場合はサプリメントでも可能です。


毛母細胞のような分裂活動の激しい細胞に欠かせない栄養素です。
亜鉛は髪の毛を作るタンパク質の分解、合成にも欠かせません。

黒豆で育毛対策

育毛におすすめの食事に黒豆があります。黒豆には育毛対策に有効な栄養分がたっぷり含まれています。ここでは黒豆に含まれる栄養分や料理について解説します。



●ビタミンB郡、アントシアニン
黒豆にはイノシトールと呼ばれるビタミンB郡が含まれています。ビタミンB郡には代謝を活性化する作用があり、脂肪やタンパク質の代謝を促進します。皮下脂肪や内臓脂肪を落とす働きをサポートし、肥満による血行不良を予防します。アントシアニンには内臓脂肪や血糖値を抑制する作用もあります。

●ビタミンE
ビタミンEとアントシアニンには抗酸化作用、血流改善作用があります。血行を促進する事で栄養分を毛乳頭にしっかり送ります。さらに、ストレスやタバコなどが原因で発生する活性酸素を除去することで体の老化を抑制します。

●イソフラボン
イソフラボンにはホルモンバランスを改善する作用があります。髪の毛の成長期は女性ホルモンの影響を受けます。イソフラボンをしっかり摂ることでエストロゲンの分泌を促進することが髪の毛の成長には欠かせません。

●サポニン、リノレン酸
黒豆に含まれるサポニンには血流を改善する作用があります。リノレン酸にも血液をサラサラにする作用があり、高血圧などを予防する作用もあります。

玄米で育毛

育毛、薄毛対策におすすめしたいのが玄米です。玄米は低GI食品としてダイエットにも有効です。GI値とは炭水化物の消化吸収の速さを表す数値です。GI値が低いほど消化吸収がゆっくりになり、血糖値の上昇やインスリンの分泌を抑える働きがあり、脂肪が増える事による血行不良などを予防します。



また玄米は白米に比べると栄養素も非常に豊富です。特にビタミンB郡が豊富です。ビタミンB郡は代謝を活性化する作用があり、頭皮の炎症やフケなどを抑制する作用があります。その他にも消化を良くする食物繊維、血液の元になる鉄分、脂質の代謝を活性化するナイアシンなども含まれています。

玄米はできれば6時間から12時間程水につけるようにします。しっかりと水につけることでABAと呼ばれる毒素が抜け、栄養素がしっかり摂れるようになります。玄米を食べ続けると腸内環境改善作用や血中コレステロール値の低下、貧血予防など効果も期待できます。

育毛におすすめの食事「納豆」の効果



育毛対策におすすめの食事が納豆です。納豆は好き嫌いが激しい食品ですが、育毛ケアには非常におすすめです。ここでは納豆の成分、効果について紹介します。

●血流改善
納豆の効果で最も有名なのが血行促進です。納豆には血中コレステロールや中性脂肪を下げる働きがあります。さらに、ナットウキナーゼによって、血栓を溶かす作用があります。ただ、ナットウキナーゼは熱に弱いため、熱いご飯に混ぜると、効果が落ちてしまいます。納豆、ご飯は別々に食べるのがおすすめです。 また、納豆には食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維にも血流改善作用があります。

納豆には他にも栄養が豊富に含まれています。イソフラボン、ビタミンEには抗酸化作用もあります。動脈硬化や細胞の活動低下を引き起こす活性酸素を阻害し、血管や細胞の老化を抑制します。ビタミンB1、B2は糖質や脂質の代謝を活性化し、皮脂の過剰分泌を抑制します。その他にも、貧血を予防する鉄分、ビタミンB12なども配合しています。

納豆は朝食べる人が多いと思いますが、実は夜食べるのがおすすめです。これは血栓が出来るのが寝ている時間だからです。夜に食べることで、血栓が出来るタイミングで、ナットウキナーゼが血栓を溶かす働きかけを行います。どうしても夜に食べるのが難しい場合はサプリメントでの摂取もおすすめです。

●納豆におすすめの食べ合わせ
納豆との組み合わせで人気なのがキムチです。キムチには唐辛子(カプサイシン)が含まれているため、脂肪を燃焼する作用があり、代謝を促進します。また、乳酸菌が非常に多いため、腸内環境の改善、便秘予防にも効果があります。また、キムチにはニンニクも使用されています。ニンニクに含まれるアリシンには、ビタミンB1を活性化する作用、抗酸化作用、血流改善があります。

血流改善をサポートする栄養素



育毛対策に血流改善は欠かせません。育毛剤で頭皮の血行を促進する事も重要ですが、体内の毛細血管から栄養を補給する事が薄毛対策には欠かせません。ここでは血流改善をサポートする栄養、食事について紹介します。

●食物繊維
食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。水溶性食物繊維には血中コレステロールや血糖値を抑える作用があり、血流改善をサポートします。水溶性食物繊維は海藻やコンニャク、リンゴ、イモ類などにふくまれています。

不溶性食物繊維には便秘の解消やデトックス作用があります。便秘に悩む女性におすすめです。不溶性食物繊維は豆類、イモ類、ゴボウ、ほうれん草などに含まれています。どちらかに偏ることなく、どちらも摂ることをおすすめします。

●大豆
大豆にはサポニン、イソフラボン、レシチンなどが含まれています。その中でも大豆サポニンには抗酸化作用があり、血中コレステロール値を下げる作用があり、血流改善をサポートします。その他、イソフラボンにはホルモンバランスを改善する作用もあります。

●ワサビ、大根
ワサビやダイコンにはイソチオシアネートと呼ばれる成分が含まれています。イソチオシアネートには血栓ができるのを予防する効果をはじめ、殺菌効果にも優れた成分です。

●ネギ、にんにく、らっきょう
ネギ、にんにく、らっきょう、玉ねぎには硫化アリルがふくまれています。硫化アリルは血栓が出来るのを予防する効果をはじめ、血液中の悪玉コレステロールを排出する作用があります。動脈硬化などの生活習慣病を予防し、血流改善作用によって育毛をサポートします。

関連する記事

売れ筋の育毛剤を徹底比較
EPA,DHAの効果について
活性酸素を阻害する栄養について
ダイエットと薄毛対策について

薄毛対策におすすめのコーヒー



●コーヒーの特徴、効果
・カフェイン
コーヒーと言えばカフェインが有名です。カフェインには中枢神経を刺激して集中力を高める作用、精神安定作用があります。また、代謝を上げて脂肪を分解する作用もあります。その他にも、利尿作用や二日酔いの改善にも有効です。

・血流改善作用
コーヒーに含まれるニコチン酸には血中コレステロール値を下げる作用があります。さらに、抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。ポリフェノールは活性酸素を阻害する働きがあります。血液中の活性酸素を阻害し、血栓が出来るのを予防します。ニコチン酸、ポリフェノールによって血流改善、毛細血管の拡張をサポート。血行が良くなると、栄養や酸素が毛根まで届きます。朝にコーヒーを飲むのも低血圧に効果的です。コーヒーに含まれるクロロゲン酸には糖尿病を予防する働きもあります。

・ダイエットにも効果的
コーヒーに含まれるカフェインには脂肪代謝を促進する作用があります。ただ、コーヒーを飲むだけではダイエットはできません。有酸素運動などを行い、分解された脂肪を燃やす必要があります。ただ、コーヒーに砂糖やミルクを入れると効果は半減します。運動前や食後にコーヒーを飲むと効果的です。

●コーヒーの注意点
コーヒーは1日4,5杯程度に抑える事をおすすめします。大量にカフェインを摂ると交感神経を刺激します。そのため、自律神経の乱れを引き起こします。自律神経が乱れると血管の収縮や活性酸素の発生を引き起こし、育毛にはマイナスです。また、コーヒーは胃液分泌を促進します。コーヒーの飲み過ぎは胃液を増やし、消化性胃潰瘍(しょうかせいいかいよう)の原因になります。胃の調子が悪い場合は控える事をおすすめします。妊婦さんのカフェインの取り過ぎは流産リスクを高めるので、カフェインレスタイプをおすすめします。

緑汁の特徴、効果



●緑汁の特徴
緑汁の特徴はユーグレナ(ミドリムシ)の豊富な栄養素にあります。ユーグレナの緑汁にはビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸、パラミロンなど、59種類もの栄養素がふくまれています。ビタミンにはビタミンB郡、ビタミンC、ミネラルには亜鉛、鉄など、アミノ酸には毛髪の原料となるシスチンをはじめ18種類ものアミノ酸が含まれています。

その他にも今注目のオメガ3(不飽和脂肪酸)も配合。DHA、EPAをはじめ、オレイン酸、リノレン酸なども含まれています。ユーグレナにはクロロフィル(葉緑素)やGABAなどの血流改善作用のある栄養素も配合。ユーグレナ(ミドリムシ)は細胞壁を持っていない為、栄養素をしっかり消化、吸収できます。これは青汁にはない特徴です。

●緑汁の効果

・血流改善作用
緑汁には血流改善作用のある栄養分が非常に豊富です。血流改善作用によって、栄養や酸素などが細胞にしっかり送られ、毛髪の成長を促進する毛母細胞などが活性化します。緑汁には血栓や血中コレステロールを取り除くクロロフィル、パラミロンをはじめ、オメガ3脂肪酸(DHA,EPA)、GABAなどを配合。血液をサラサラにすることで、細胞活性化をサポートします。

・代謝促進作用
育毛には代謝を促進することも非常に重要です。特に、アミノ酸からタンパク質に合成する作用がある亜鉛やビタミンB6は育毛に欠かせない栄養素です。その他にも、皮脂の分泌を改善するビタミンB1、B6なども配合。毛髪の原料になるアミノ酸「シスチン」「ロイシン」などもたっぷり配合し、毛髪の生成を促進します。

関連する記事

薄毛と抗酸化対策
ワカメと育毛について
30代におすすめの育毛剤について



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

生え際育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ