頭皮を健やかにする方法

薄毛、抜け毛対策似て頭皮ケアは欠かせません。抜け毛が多い頭皮は硬くなっていることが多くあります。また、皮脂の過剰分泌などにより、フケやカユミがでやすくなります。血行不良や毛穴づまりは、髪の毛の成長力を低下させます。ここでは頭皮ケアの方法について紹介します。



●頭皮を柔らかくする方法
頭頂部の薄毛に多いのが、頭皮が硬くなる症状です。原因としては血行不良、乾燥をはじめ、紫外線によるコラーゲンの減少などが考えられます。頭皮をやわらくするためには、血流を改善する事が最も重要です。

・生薬配合の育毛剤で血行促進
頭皮の血行促進に有効なのが育毛剤です。センブリエキス、ニンジンエキスなどの生薬を配合した育毛剤が有効です。洗髪後、頭皮の水分を取り除いてから使用します。それから薄毛部分にシワを作るようにマッサージをすると、血行が更に良くなります。血行が良くなると栄養分が細胞に行き渡ります。その結果、栄養が頭皮の細胞まで届きます。

・有酸素運動、食生活で代謝促進
頭皮の血行促進には育毛剤に加え、食事や運動も大切です。運動は30分程度のウォーキングなど、有酸素運動がおすすめです。有酸素運動は心肺機能を向上させ、血流がよくなります。血の巡りが良くなると、細胞が活性化しやすくなります。週に数回でも継続する事が大事です。食事については動物性タンパク質や揚げ物の摂り過ぎに注意し、食物繊維を含んだ野菜などもしっかり食べることが大切です。

●頭皮のフケ、かゆみを改善する方法
頭皮のフケの原因は過剰な皮脂による脂漏症皮膚炎、乾燥による粃糠性皮膚炎などがあります。どちらもフケ、痒みを引き起こします。さらに、毛穴づまりや皮脂の酸化、加齢臭などの原因にもなります。

・アミノ酸シャンプーを使用する
頭皮のフケ、痒み対策ではシャンプー選びが大切です。洗浄力、脱脂力の強いシャンプーは、皮脂を摂り過ぎてしまいます。その結果、皮脂が過剰に分泌されてしまい、炎症の原因になります。スカルプケアには皮脂を摂り過ぎずに潤いを保つアミノ酸シャンプーがおすすめです。アミノ酸シャンプーについて「人気の育毛シャンプー」で紹介しています。フケが多い場合、殺菌作用のあるピロクトンオラミン、抗真菌作用のあるミコナゾールを配合したシャンプーが有効です。

・食事で皮脂を抑制する
皮脂の分泌を抑制するためにはビタミンB郡をしっかり摂る事が有効です。ビタミンB2、B6には脂質、タンパク質の代謝を促進する作用があります。ビタミンB2には皮脂の元になる脂質の代謝を促進する作用があり、炎症を抑制します。ビタミンB2はレバー、納豆、牛乳などに含まれています。ビタミンB6にはタンパク質の合成作用があり、皮膚の粘膜や髪の毛を作る作用があります。レバー、カツオ、バナナなどに含まれています。

・ホルモンバランスを改善する
皮脂の過剰分泌の一つにホルモンバランスの乱れがあります。寝不足になると肌が荒れます。ホルモンバランスの改善には6時間程度の睡眠を摂ることが有効です。睡眠は成長ホルモンの分泌を促進します。さらに、ストレスを軽減してホルモンバランスの乱れを改善

薄毛対策におすすめの育毛剤特集

低刺激の育毛剤おすすめ

低刺激にこだわった育毛剤について。香料やパラベン、鉱物油、アルコールなど、頭皮や細胞にダメージをあたえる添加物を配合していない育毛剤について。

低刺激育毛剤のおすすめはコチラ
コスパに優れた育毛剤

コストパフォーマンスに優れた育毛剤について。価格や内容量、成分などを比較し、費用対効果に優れた育毛剤をピックアップ!サプリメントと育毛剤のセット、定期購入、回数縛りなしなどの育毛剤を紹介。

コスパでおすすめ育毛剤はコチラ



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

前頭部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ