ウィッグの種類について

薄毛を隠すためのウィッグが増えています。ウィッグとかつらは厳密な違いはありません。ウィッグは女性のファッションと共に流行し、男性でも使用する人が増えてきました。ウィッグには頭部全体を覆う「フルウィッグタイプ」と部分的に使用する「ヘアピースタイプ」があります。男性の場合は「フルウィッグ」がほとんどです。



ウィッグにも種類があります。人毛タイプ、人毛ミックス、人工毛です。5,000円前後で売っているフルウィッグはほぼ「人工毛」です。化学繊維で作られていますが、最近の人工毛は非常に品質がよくなり、かなりわかりにくくなっています。ウィッグの装着については被るだけの「ネットタイプ」と部分的にピンで取り付ける「ピンタイプ」、「接着タイプ」があります。市販のウィングはネットタイプとピンタイプになります。

ウィッグには簡単に薄毛を隠してくれるメリットがありますが、夏は特に蒸れやすく、人工毛はかぶれやすいというデメリットもあります。頭皮への負担を抑え、通気性を確保する事が大切です。ウィッグをする時はネットを被り、ピンなどでウィッグを取り付けます。その為、ネットの素材で通気性が変わってきます。

人毛タイプは高額ですが、人工毛よりも自然に見え、通気性に優れています。ドライヤーなども気にせず使え、スタイリングなどもしやすいという特徴があります。人工毛に比べると艶などはないので、重たくみえます。

ウィッグはお手入れも非常に重要です。自然に見せるためには1日数回はブラッシングする事が大切です。髪がもつれたり、型崩れするのを防止します。内部のネットはお湯で絞ったタオルなどを使って殺菌します。ウィッグの保管はなにかに乗せる事で癖をつけないようにします。

薄毛対策 関連記事

イクオス

61種類の育毛成分を配合した育毛剤と約50種類の栄養成分を配合したサプリメントのセット。血流改善作用のある生薬をはじめ、細胞活性化作用のあるM-034などを配合し育毛促進。サプリにはノコギリヤシ、亜鉛、ミレットエキスなどを配合。体の内側から薄毛対策をサポートします。

イクオスの詳細はコチラ
チャップアップ

育毛剤とサプリメントのセット。育毛剤には血流改善、炎症抑制作用のある生薬エキスをはじめ、糖化や酸化などを抑える植物エキスなど50種類の育毛成分を配合。サプリメントにはノコギリヤシ、亜鉛、マカなどを約30種類配合し、薄毛対策を内側からサポート。

チャップアップの詳細
ブブカ

50種類以上の成分を配合した育毛剤、35種類の育毛成分を配合したサプリメントのセット。育毛剤には毛根を活性化する高濃度M-034をはじめ、血流改善成分や頭皮環境を整える植物エキスなどを配合。サプリメントにはノコギリヤシ、亜鉛、カプサイシンなどの育毛成分を配合。

ブブカの詳細はコチラ



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

前頭部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ